タワーマンションの常識

タワーマンションにはさまざまな魅力があり、多くの人がそこに住むことを夢に見ています。都会には次々とタワーマンションが建てられています。

m (9)

タワーマンションには、個性があり、それぞれ主張しているコンセプトが違います。そして、そこに住もうとしている人は自分の好みやこだわりをかなえてくれるマンションを探しています。

まず、ルーフバルコニーやルーフテラスが充実したマンションを見ていきましょう。毎日を忙しく送る都会の人々は安らぎを求めています。住まいの中に広々としたバルコニーやテラスがあれば家族や友人を招いてパーティをひらくことができ、充実したプライベートタイムを送ることが出来ます。そんな魅力を持ったマンションの家賃はどれくれいなのでしょう?

m (8)

 

例えば、港区にある2LDK,階数が27階の部屋の家賃は125万円です。広さが3LDKになると240万円となっています。次は同じタワーマンションでも住む場所によって家賃は違うのかを比較してみます。まず、山手線目黒駅から徒歩5分の2LDKの部屋は29万円となっています。そして銀座線外苑駅から徒歩3分の2LDKの部屋は40万円です。新宿駅から徒歩3分の2LDKの部屋は23万円です。

六本木駅から徒歩4分の2LDKの部屋は83万円となっています。
どのマンションも駅から近く、住む人が快適に生活できるようにデザインされ、日々の中にゆとりと暖かさを感じることが出来る部屋です。

タワーマンションに住んでいる人の大きなアドバンテージとしてパーティールームというものがあります。大型のマンションには珍しくはないのですが、タワーマンションの場合は住人にとって何よりの自慢である窓からの眺望を招待客にも存分に楽しんでもらうことができるのです。

自宅からの眺望があまり理想的な方角ではなくても、タワーマンションのパーティールームはたいてい最上階などの条件のよいところに設置されています。

自宅が人を招き入れることのできる状態ではないとき、仲間同士や親せきの集まりなどで大勢を招待したいとき、またあまり家には入れたくない人を呼ばなければならないときなどパーティールームは大変助かります。

 

m (7)

 

多くの場合はキッチンや冷蔵庫などのほかグラスやお皿なども用意されているようですので、ケータリングや持ち寄りの手配さえしておけば、前日や当日の朝早くからバタバタと掃除や片付けに追われなくても済むのです。

一般的にパーティールームを利用できるのは住人に限られています。1カ月前くらいから予約が始まり、希望者が多い場合には抽選などの形をとるようです。施設によって利用料はちがってきますが、無料で使える場合もあるようです。

誰もがうらやむタワーマンションのパーティールームですから、それゆえのトラブルも発生してしまうようです。住人ではない人から「今度自分のパーティーでここを使わせてもらいたいから名前を貸してくれ」などといった依頼をされる場合も少なくないようで、こういった場合は利用規約をきちんと説明してわかってもらわなければなりません。

参照情報:赤坂の高級賃貸(URL:http://m570.jp//)

サブコンテンツ

このページの先頭へ